BRAND HISTORY

「eb's」(エビス)は1994年、スノーボード用品のブランドとしてスタートしました。

私たちは、もともとショップでスノーボード用品全般を販売する仕事をしていました。1988年の事です。当時はまだスノーボードというスポーツの認知度は低く、道具自体も今のものと比べると、良いものとはいえませんでした。

しかし、スノーボードは面白く、魅力にあふれ、とてもエキサイティングでした。この面白いスポーツを実際に体験してもらおうと、ツアー、スクール、大会などを頻繁に行いました。さまざまな人々の努力の甲斐あって、1992年頃スノーボードというスポーツは、またたく間に冬のトレンドスポーツとなりました。

この時期から「あれば何でも売れる」という、いわゆるスノーボードバブルの時代が到来しました。海外からはあらゆるブランドが押し寄せ、ボードのブランドだけでも優に100は超えていました。バイヤーとして、そして実際にお客様に販売する者として大変な危機感を抱きました。「あれば売れる、何でも売れる、高くても売れる、質が悪くても売れる、サイズが合わなくても売れる…。」

こんな状態は長くは続かないと思いました。私たちは、さまざまな商品との出会い、さまざまなお客様と接する事から、本当に必要とされる商品を作ろうと考えるようになりました。輸入物に頼らない、日本人らしい、日本人にあった商品を適正価格で作りたい。もちろんライダーを含め、私たちが実際に使用し納得の出来る商品を作りたい。そこがこのブランドの原点です。

そして私たちの始めの一歩、原点である東京の街「恵比寿」から「eb's」と名づけました。ブランドが立ち上がってからすでに20年以上の月日がたちます。ここまで続けてこられたのは言うまでもなく「eb's」商品を使っていただいているお客様のおかげです。

私たちのチャレンジに終わりはありません。なぜなら私たちは、スノーボードならびに「eb's」を愛する気持ちを持ち続けているからです。 これからも「eb's」は進化し続けていきます。

Mission International